みんなで作ろうきれいな中津川市 ごみの出し方
▼収集ごみの種類と注意事項 ▼収集できないもの ▼ごみ減量は、こんなことから始められます ▼Q&A
収集ごみの種類と注意事項
燃えるごみ
種類 ●紙くず・厨芥類(食品・生ごみ・紙おむつなど)
●布類(衣類(古着)・ぬいぐるみ・革製品以外のかばん・靴・スリッパ)
●プラスチック類(歯ブラシ・コップ・プラスチック製の棒・マット類・ビデオテープ・CD・MD・ビニール包装)
印でないプラスチック容器 印でないトレイ(白色以外も含む)
●木竹類
 ※板材を重ねた時厚さ30cm以下にして出してください
 ・断面径8cm以下×長さ40cm以下
 ・断面径5cm以下×長さ40cm以下
●庭木の刈り込み、草刈等で出たごみ
●ゴム類(カバン・ベルトなどは極力金具類を外してください。)
●家庭用ホース(40cm以下に切って指定袋に入れてください)
●その他(使い捨てカイロ・アルミホイル・アルミフード・ひも類・
医薬品)
注意事項 ●必ず指定袋に入れて収集当日の明け方から8時半頃までに出してください。 (農協、花本屋、内木商店、松田商店、成見屋、Yショップ、 島崎、タイム リー、ジャスト、アトラ、かね今食品で販売)
●燃えるごみの指定袋はおおむね10kgまでとし、入口を縛って出してください。
●指定袋に入らない燃えるごみは「燃える大型ごみ」に出してください。
●生ごみは水気をしっかり切って出してください。
●天ぷら油などの廃食用油は凝固剤を使用するか、ぼろ布や新聞紙に染み込ませて出してください。
●紙おむつは必ず汚物の処理をしてから出してください。
●剪定枝などは指定袋に入れて出してください。
●フロアマットなどは40cm以下に切って指定袋に入れてください。
●紙類(新聞・雑誌・段ボール等)はなるべく資源(廃品)回収へ出してください。
●野菜くずは、なるべくボカシ菌を加えて肥料として利用してください。
●生ごみは生ごみ処理機などを利用して、自家処理に努めてください。
●ダイオキシンの発生源となるようなポリ、ビニール類は家庭では焼却せず、収集日に出してください。
●衣類などは、再使用・資源化に心がけましょう。
▼燃えないごみ
種類 ●金物類(なべ、フライパン、バケツ、釜、カメラ・三脚、かみそり・カッターナイフなど、おろし金・・金属製のたわし、一斗缶、錆びた缶、カンヅメのふた、ビンの金属キャップ等資源物として出せない物)
●割物類(不透明ビン、化粧ビン、耐熱ガラス容器、陶磁器等や割れて資源物として出せないもの)
●厚みが3mm以下の金属パイプ(40cm以下にして指定袋に入れてください)
●家電製品(AV機器(カセットデッキ・ビデオデッキなど)、電話機、扇風機、掃除機、ゲーム機などの家電製品等(1.5m未満のものに限る))
●その他(七輪、電灯球・電球類、金たらい、カセットコンロ)
注意事項 ●指定袋に入れて出してください。
●指定袋に入らないごみは「燃えない大型ごみ」に出してください。
●割れ物は古新聞に包んでから指定袋に入れて出してください。
●かみそり、カッターナイフなどは刃の部分を包装して「刃物」と明示して出してください。
●家電製品はコードを切断し、切断したコードは「硬質ごみ」へ出してください。
●ビン、カン類は必ず資源ごみに出してください。また、はずれた缶詰のふたは「燃えないごみ」に出してください。
●電灯球・電球類は「有害ごみ」に出さないでください。
●収集車で収集できない大きな物は収集しません
●家電リサイクル法(5品目)・パソコンリサイクル処理(デスクトップパソコン・ノートパソコン)は不燃物としては出せません。
●自動車部品、農業機械は収集しません。
▼資源ごみ
種類 ●ビン類(茶、透明、青・黒・緑)
マークのついたペットボトル
  マークのついたカン類(つぶさないでください)
注意事項 ●一斗缶の半缶以上は燃えないごみに出してください。
●化粧ビン、板ガラス、耐熱ガラス容器等は、燃えないごみに出して下さい。
●ビン、カン類、ペットボトルは、中身を出し、水洗いしてキャップを外して出してください。
●ビン、ペットボトルはふたを外して出してください。
●ペットボトルはキャップを外し軽くつぶしてください。
●ペットボトルはリサイクルマーク1がついたものだけを出してください。(リサイクルマークはペットボトルのラベルに印刷されているものと容器にプレスしてあるものとがあります。)
▼有害ごみ
種類 ●使用済みマンガン電池及びアルカリマンガン電池
●鏡、蛍光灯、水銀体温計
●100円ライター(使用済みのみ)
●スプレー缶、カセットボンベ(穴あけ)等
注意事項 ●スプレー缶等は火災の恐れがあるため、必ず穴を開けて出してください。
●収集場所は役場車庫前(東側)です。日程はその広報などで確認ください。
▼硬質ごみ
種類 ●刃物類(包丁・ハサミ)
●鉄塊類(ゴルフクラブヘッド・鉄アレイ・金槌など)
●パイプ類(モップの柄などスチール製のもの(厚さ3mm以上のもの)
●電線・導線(電気コード・針金など)
●鋼板類(くわ・鎌など)
●その他工具類(ドライバー・スパナ・ペンチなど)、鉄筋類
(家庭から出るもので径11mm以上のもの)
注意事項 ●くわ・鎌などは柄を外して出してください。
●資源ごみ収集日と同じ日に出してください。
●指定場所にある「硬質ごみ」のコンテナに袋から出して入れてください。
▼燃える大型ごみ
種類
●家具類(タンス・下駄箱・本棚・イスなど)
●スポーツ用品・その他(ゴルフバッグ・じゅうたん・カーペット・
布団など)
注意事項 ●指定袋に入らないものは「燃える大型ごみ」に出してください。
●事前に役場住民課に申込みしてください。
●処理シールが必要となり。1品につき1枚のシールが必要です。
●最大サイズは140cm×90cm×200cmです。
●布団はたたんでしばって出してください。
●ゴルフバッグなどの金具は外して「燃えないごみ」へ出してください。
▼燃えない大型ごみ
種類
●大型鋼製品(自転車・スチール机など)
●大型家電製品(衣類乾燥機・マッサージチェアなど)
●その他(学習机、シルバーカー、乳母車、キッチンワゴン)
注意事項 ●指定袋に入らないものは「燃えない大型ごみ」に出してください。
●事前にや役場住民課に申込みしてください。
●処理シールが必要となり。1品につき1枚のシールが必要です。
●最大サイズは140cm×90cm×200cmです。
●家電リサイクル法、パソコンリサイクル処理該当家電製品は対象外です。
▼資源回収へ
●紙類(新聞、雑誌、段ボール等)種類別にひもで縛ってください。
●繊維類(古着、ボロ布)
●小型充電式電池・ボタン電池(最寄りのスーパーなどに設置してあるリサイクルボックスに入れてください)
●白色トレイ・牛乳パックなどは水洗いをして汚れを落とし、リサイクルボックスを活用してください。
 ※回収しない場合がありますので、市町村ごみ担当窓口までお問い合わせください
収集できないもの
●毒性ごみ・・・・・・・・・・薬品、劇薬、塗料、農薬など
●危険性ごみ・・・・・・・・ガソリン灯油、消火器、ガスボンベなど
●医療用器具・・・・・・・・注射器、注射針など
●農機具・建築廃材・・・石膏ボード、農業用ビニールシート、マルチなど
●自動車部品・・・・・・・・自動車・オートバイ部品、タイヤ、ホイール、オイルなど
●土砂類・・・・・・・・・・・・砂、土、瓦、石、レンガ、灰など
●その他・・・・・・・・・・・・耐火金庫、電気カーペット、電気毛布、
家電5品目、パソコンなど
※それぞれ販売店、病院、廃棄物処理事業者へ相談してください。
ごみ減量はこんなことから始められます
買い物には、買い物袋を持参して、余分な包装を断りましょう
 たとえばレジでもらえる袋、紙製手提げ袋、本屋さんがつけてくれる本カバー等。

買い物が少ないときはシールですませましょう。
 1件のお店で1枚ずつビニール袋をもらうと、お店を回るたびにビニール袋がどんどん増えます。少ない買い物の時は手持ちのバッグなどに入れてもらうか、バッグの中にビニール袋を入れておきましょう。

返却できるものはお店に返しましょう
 発泡スチロール製食品トレイ、クリーニングのハンガー等

無駄のない生活をしましょう
  買いすぎ、作りすぎをなくし、ごみをなるべく出さない調理や、冷蔵庫などにある食材を
使い切る 工夫をしましょう。


インスタント食品の選び方を工夫しましょう。
 インスタント食品は手軽に調理できる反面、ごみが多く出ます。せめてカップものより袋ものを選ぶなど工夫しましょう。

モノを大事に長く使いましょう
 モノを粗末にせず、壊れたら修理するなど工夫をして、長く大切に使いましょう。

使い捨て商品の購入を控え、繰り返し使えたり、詰め替えできる商品を選びましょう
 ・繰り返し使える容器を使う。(缶ビールをびんビールに、ペットボトル入りしょうゆをびん入りに等)
 ・詰め替えできる商品を使う。(洗濯石鹸、食器用洗剤、調味料等)
 ・使い捨て商品を使用しない(紙コップ、紙皿、ペーパータオル等)


資源回収に協力し、リサイクル品を積極的に使いましょう
 新聞、週刊誌、雑誌(ティッシュペーパー外箱、菓子箱、靴箱等)古着は地域の学校等の廃品回収 に出しましょう。

過剰包装は断りましょう
 家で使うものはもちろん贈答品なども過剰包装を断りましょう。
ごみに関するQ&A
Q.買い物袋を持参するだけでも、減量になるの?
A.たしかに1枚のレジ袋はとても軽いものです。しかし全国ではレジ袋が1年に15万トンも使われています。レジ袋の節約は、ごみ減量の一歩です。
Q.レジでもらえる袋を使っている。無くなったら困る。
A.家庭で色々工夫を凝らして使っているところは、そのまま使っていただいて結構です。でもレジ袋って台所の隅にたくさん貯め込んでいませんか。そんなに要りますか?とりあえずお店への買い物には買い物袋を持参し必要と思う時だけもらうようにしたらどうでしょう。
一度もらったレジ袋をたたんでバッグの中に入れておけば、仕事帰りの買い物にも便利ではないでしょうか。
Q.なぜ缶類はつぶしてださないの?以前はつぶしてだしていましたよ。
A.回収されたものは資源センターで缶をつぶして「ブロック」という50cm×30cm×15cm位の圧縮した固まりにしますが、大きくつぶれていると缶同士がかみ合わないので「ブロック」がうまく作れないからです。
Q.ツナ缶など開けたときふたがはがれてしまうと、なぜふたは燃えないごみになりますか?
A.上記の説明のとおりで、「ブロック」がうまく作れないからです。なお油のついたもの(ドックフード等)は中をきれいに洗ってください。
Q.ペットボトルはどんなものが出せるの?
A.ペットボトルの表示マーク が出せます。しょうゆ、酒類、清涼飲料水用のPETボトルが対象になっています。識別表示マークはラベルに表示されているか、ボトルに刻印されています。
Q.ペットボトルはつぶして出したほうがいいの?
A.ふたを取り、中をゆすいで軽くつぶして出してください。


                       出典: ・ごみの収集日と場所のお知らせ
 ・ごみの出し方(中津川・恵北環境施設組合)

    
Home Copyright © 2004-2005 (株)一六社(有)かしもソフトウェア All rights reserved.